スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教育について

クランメンバーへの教育について感じることがあった。
教えたいことを言ってもなかなか相手に伝わらないところとかを見ると改めて難しいなーって思う。

ちなみに今自分は教育ということに関してはこんな感じでやっている。
下記の通りだが、時と場合によってはできない時もある。その時はごめん(・∀・)

①相手のやりたいことについては口出しをしない。
実行した結果、失敗した場合には自分が思う考えでアドバイスをする。
⇒失敗させることで間違っていることを相手に自覚してもらうことが狙い!
失敗を自覚した後で”~してみるといいよー”っていうパターンが響くのでは?と個人的に思っている。

②アドバイスを受け取るかどうかは相手にお任せ。
その後、アドバイス通りにやっていなくても気にしない。
ただし、変化なく結果も出せないメンバーについてはどうなっても知らない。
⇒①の続き。~してみるといいよーって言って変化するかしないかはその人次第!
これについてはアドバイスを受け取る人による部分が大きいかもしれない。
だから、アドバイスする人がどうこうできる問題ではないので特に自分は気にしていない。
ただし、アドバイスを聞かない人は大抵そのまま問題解決できなかったりするので、その後、対戦不参加・キックされることが多い。(※自分かな?って思い当たる人は見直しましょう!)

③相手の感情を傷つけるような言い方をしない
⇒人間は感情の生き物。言葉選びによって相手のモチベーションを上げたりも下げたりもできる!
~しないとダメだよ的な言葉ではなく、~するといいよ的な言葉を使うようにしよう。


そもそも、教育について苦労するのは人それぞれ考え方も経験も違うから。
これも個人的な答えにはなるが、求める結果だけ共有して、やり方については各々の手段にお任せした方がいいのかなって思った。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。